クワガタ飼育、ときどき猫

   国産オオ、ホペイを中心にブリードしてます
2013年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年05月

我慢できずに割り出した終わった…

簡易セットのちょい割りしてみました。
久留米ラインだけ全割りしました。


結果
久留米 1番 変色した卵多数 空砲多数
     2番 空砲のみ
     3番 そもそも産卵した形跡がない
空砲のバーゲンセール
14.jpg




森田G系川西4番 いい感じに産んでました。重傷を負ったのに良く産んでくれた! 
16.jpg

どんぐり系川西7番 こちらも心配ないようです。
15.jpg

以上です、これは確実に久留米♂82mmは種無しと言っていいでしょうね
分かっていても相当へこみました。
これからまた再ペアリング~産卵セット~割り出しの工程をしたら初令回収が8月過ぎそうです。
即ブリ♂はオクで落としましたが、もうなんだかやる気が…どん底です


保険に使用済みの♀が欲しいです…… できれば久留米産 言い値で買います 
募集中です!!!!!!!


ヤケ酒確定なのでコンビニで酒購入して帰りにちょい採集してきました
18

今年初のノコギリです。 ほんの少し癒されました
今日は飲みまくってやる! 今この記事書いてる時はかなり酔ってます

オオクワブリードの今後の予定を書いときます。
5/26に組んだ簡易産卵セットですが予定では1週間で♀を取り出す予定です。
6月下旬あたりには初令が採れると思うので、久留米の幼虫が無事採れればすぐ全ラインの本セットを組む予定です。

で、もし採れなければ別の♂で久留米の♀達の再ペアリングをすぐ開始するつもりです。
予定が大幅に狂うけど仕方がないか…

ツイストパックの弱点

主にクワガタ(オオクワやニジイロ)の♀の管理に使用してるのですが、難ありな点がいくつか出てきました。
まず高さが足りないこと
DSCN1658.jpg
画像はツイストパックと広口600瓶です。
マットをかなり少なめにしても体長が45mmほどあれば容易に天井に大顎が届きます。
どんなに優れた容器でも天井部分に大顎が届くのはダメです。


下の画像は使用して1週間くらいのツイストパックの蓋ですが見事に齧られました(+o+)
今年ブリ予定の♀を管理してたのでこれでは大顎が欠ける危険性があります。
DSCN1655.jpg

2つ目はケース内部のスクリュー部分の付近が出っ張ってること。
DSCN1656.jpg
ここはいい感じにメスが齧りやすい形状になってるのであっという間にボロボロにされます。

成虫の管理では特に脱走と顎欠けの要因になるケースは使えないですね。

うーむ、もう少し高さがあれば完ぺきな容器なのになー
まー本来の用途がタッパーだから仕方がないか… 冷蔵庫に入らなくなるからねー。

産卵セット組みました。

突然ですが産卵セット組みました。
久留米の1番と2番 森田G系川西4番 どんぐり系川西7番です
セット内容は少量のマットに材1本を転がしとくだけの簡易セットです。
樹皮は剥がなくても特に問題ないです。
加水は雑虫の事を考えて沸騰したお湯を使用してます、おまじないに幼虫の糞を溶かしていれてマス。
これでも2週間で15~25頭前後くらい採れるので、早く結果が知りたい人爆産させたくない人にはお勧めなセットですね。
DSCN1724.jpg
組んだ経緯は久留米産の♂の種無し疑惑があるからです。
他の不安要素が残る♀も採れるか採れないか白黒つけるべく!!

今回組んだ♀の繊細

1番2番とも監視下ペアリングにて交尾を数回確認、同居も1週間前後 エサ皿の下で仲良くお休み確認済み!
先にセットした3番は怪しい雰囲気… 1~3番すべてペアリング後のエサ食いが異常に悪い。

4番は上と同じで基本的な要素はOK!!ただオスのDVにより腹に重傷を負ってしまった。エサ食いは悪い。

7番は監視下ペアリングのみ、ただエサ食いは非常に良い。
念のため組んでみます。

以上です。やっぱり久留米ラインが一番の悩みですね。まだオクにも良血統の久留米の即ブリ♂がちらほら見かけるので無理してでも購入したほうがいいのかな。一番は使用済みで幼虫も採れた確実な♂がいいですね。

森田G系は負傷メスが産まなくてももう1匹がいるので大丈夫だと信じる…

どんぐり系はぶっちゃけ予備ライン的な存在でしたが、このままだとメインになりそうですね…

気分がダークブルー

オオクワですが22日に2013年3番のメスを投入した産卵セットの状況を軽く見てみました。

内容はプラケ小にL材一本のセットです。

ざっと見たところ産卵痕はなかったです。
材には♀が入れるくらいの寝床を削っていて休んでいる様子でした。

正直このパターンは産まない可能性大です…

もしだめならほかの2♀も産まない可能性大かも…
エサもまったくといっていいほど食ってないし…
プロゼリー+ギンパウだぜ!?最高の組み合わせだと思うのだがどうだろ…

大型ラインの親は諭吉数枚はたいて購入したので絶対に産ませたいのだが…
他のラインの種親達とも金額の差が段違いです。だからこそ少数先鋭で行きたかったのですが…
もう即ブリ♂を買う余裕もないし… どうしたらいいかわからん。
もしかしたらまだ3♀とも産卵スイッチ的なのが入ってないのかな~ 虫とお話ししたいよ

他のラインですが、どんぐり系の川西の♀達は2~3日で16gゼリーを平らげてます。
森田G系は負傷した♀のゼリーの食いが良くないですが、もう一匹はがんがん食ってます。
久留米以外はなんとか大丈夫そうです… 久留米以外は…


みーちゃんどうすればいいかねぇ~ わからんよ
DSCN1537_20130512093747.jpg

種親紹介のみです。

久留米82mmと交配させる自己ブリの久留米メスです。
DSCN1668.jpg
2012年の3番ラインの早期羽化個体です。サイズは41mm
2012年度では他にあと2♀がほぼ同期間で羽化してきました。

今はわけあって簡易産卵セットに投入しています。

2013年

国産オオクワガタ
久留米産 1番 アウトライン
♂久留米産81.1ミリ  2011年KUBライン ワイドカウ氏
(♂83.2×♀53.5 銚子オオクワガタ インライン)
♀久留米産51.0ミリ 2011年2番 Gull氏
(♂83.0mm 09年MK11番  ♀50.0mm 09年マツノ51番)

久留米産 2番 アウトライン
♂久留米産81.1ミリ  2011年KUBライン ワイドカウ氏
(♂83.2×♀53.5 銚子オオクワガタ インライン)

♀久留米産52.6ミリ 2011年5番 ROCKET氏
(♂79.0mm マツノ2008年13番 ♀50.0mm MI8052-03)


久留米産 3番 アウトライン
♂久留米産81.1ミリ  2011年KUBライン ワイドカウ氏
(♂83.2×♀53.5 銚子オオクワガタ インライン)

♀久留米産51.7ミリ 2011年KUAライン(同腹で84.5ミリが羽化) ワイドカウ氏
(♂83.2×♀53.3 銚子オオクワガタ )


川西産G系 4番 インライン
♂川西GG×DG 75.8ミリ 奈良輪強制収容所 静岡分室
(78.4×51.4)

♀川西GG×DG 49.1ミリ 奈良輪強制収容所 静岡分室
(78.4×51.4) 


川西産G系 5番 アウトライン
♂川西GG×DG 75.8ミリ 奈良輪強制収容所 静岡分室
(♂78.4×♀51.4)

♀川西GG 50.8ミリ 奈良輪強制収容所 静岡分室
(♂78.3×♀53.1)


どんぐり系川西産 6番 アウトライン
♂75.0ミリ
(♂73.0×♀45.0
)
♀48.0ミリ
(♂77.0×♀46.0)


どんぐり系川西産 7番 アウトライン
♂75.0ミリ
(♂73.0×♀45.0)

♀47.0ミリ
(♂78.0×♀46.0)

能勢産 8番 アウトライン
♂(YG×信玄)77.0ミリCBF1(2012年ブリードにも使用しました) camuze氏 
(♂77.5能勢YG847ギネス同腹個体 binnon氏× ♀51.5信玄 binnon氏
♀早期羽化45.0ミリ takatti00氏
(83.5×52.0 871ギネス別腹個体 ワイドカウ氏)

ホペイオオクワガタ
北峰産
1番75ミリ×49ミリCBF2(F2)同腹 管理名:SRT(SAX×(劉備×TTA)

ひかえめなフォルム… だがそこがいい!!

2012年の2番ラインです。
体長は75mmちょいくらいかな、2番の中ではかなり綺麗な個体です。
9.jpg
8.jpg

2012度ではこのラインが一番好みかも… 

種親紹介のみです。

だいぶ前にですがオクで落札してた個体の紹介でもします。
こちらも美形を目指す血統として今年ブリード予定の個体です。
個体情報
♂75mm頭幅26.5mm顎基部5.1mm。
産地は兵庫県川西市西多田産です。なかなかの美形ですね~
DSCN1143.jpg
DSCN1428.jpg


♀は2匹ですね、管理表だけ載せときます。
DSCN1430.jpg

DSCN1431.jpg


購入時の個体情報です。
♂の親は、天然個体採集で有名な「どんぐり採集倶楽部」のサイト管理人様から譲っていただいた07年羽化74×48ペアの子供で2010年羽化73mm×46mmです。
♀Aの親は、同じく譲っていただいた2009年羽化77mmと我家累代46mmです。
このアウトライン交配が良かったらしく、羽化した♂の平均体長77㎜、♀平均47.7㎜と大型系統になっていきそうな気配です。
●♀Bの親は、2009年羽化78mmと45mmです。
●親を順にたどって行くと2000年に西多田で材採集された♂62×♀41ワイルドペアにたどりつくそうです。



今現在は2♀ともペアリングも終えましてエサをバクバク食べております(^_^.)

久々の写真撮影

そろそろ羽化個体も固まってきたと思ったので、一番初めに羽化したのを掘り出し見てみました。
2012年の2番ラインです、あと管理ラベルもまたバージョンアップしました!
3.jpg
細すぎず太過ぎず、ちょうどいいバランスの個体ですね。
6.jpg
とくに大顎のラインがなめらかで素晴らしい!!
1.jpg
2.jpg


サイズは77mm前半くらいです、完全に固まったら77mmジャストくらいになると思われます。
幼虫時の体重からみて少し物足りない感じかな… やっぱり暴れの影響が出てますね~~
ちなみに種親♂77.0mmは幼虫時の最大体重が25.5gだったようです。

これはいけそうか?

今朝ですがついに期待のオオが羽化してました。
見た感じ完品羽化してる感じです。
DSCN1599.jpg
2度も暴れを起こしましたがどちらも早期発見して対処したので体重の減りも最小限に抑えられました。

露天掘りしたい~~~!でも我慢です!あと一週間くらい…

オオクワですがオスの方は約半数近く羽化しました。
上の段は羽化まち、下は羽化済み個体です。
DSCN1584.jpg
数本は掘り出して形状を見たので後は掘り出さず固まるまで放置します~。

あとペアリングの方ですが先日到着した♀以外は完了しました。

あの凶暴なオスも何とか2♀と交尾するとこを確認しました(監視下ペアリングにて)
負傷した♀はゼリーの食い具合を見て早めに産卵セットを組む予定です。

他のオオの幼虫は7月下旬くらいまでに採れればいいと思ってるので、まだ産卵セットは組みません

あと管理ラベルもバージョンアップしました。
DSCN1549.jpg
個体NO.の見方は2012年ブリードの2番ラインの№5の個体って意味です。INはインラインブリード


管理表は載せていませんが手書きで記録しているので暇があればブログに載せようかな

種親紹介のみです。

ROCKETさんから久留米の♀が届きました!!
血統管理もきちんとされていてわかりやすいですね(^_^.)
DSCN1556.jpg

久留米産 ♀52.6mm
DSCN1557.jpg
勿論つけるのは久留米産♂82mmです!
DSCN1562.jpg

とりあえず大型ラインは決まりですかね。
今のとこ美形2ライン 大型2ラインです。
後程組み合わせを載せますね。

BE-KUWA届いた

昨日ですが大量のBE-KUWA+おまけ?の昆虫雑誌が届きました。
DSCN1535.jpg
ブリード環境が整ったら色々な外国産のクワカブを飼育したいので少しずつ勉強します(+o+)


オオクワの方ですがまだまだ羽化ラッシュが続いてます!
無事羽化してくれるのはうれしいけど、全体的にディンプルが多い気がするなぁ~。
DSCN1534.jpg
DSCN1551.jpg
DSCN1552.jpg

前の記事ですが、いらいらしてて記事書いてたから誤字脱字がひどすぎたね。
まだ♀は生存してますが幼虫を採れるか次第はこの♂のやる気にかかってますね。
勿論結束バンドでガッチリ固定したので事故の心配はないでしょう。

悲報

少し早いですが我が家のオオも国産オオのペアリングをスタートしました。
産卵セットを組むのは6月の上旬~下旬なので少し余裕をもっておこうと思ったからです。
組んだのは奈良オオクワさんのオオです。
DSCN1183.jpg
DSCN1184.jpg

で、5/6の朝にプラケ小+エサ皿+デコレバーグのセットに♂♀同居 5/6の夜中に嫌な「バキバキ!」という音に睡眠から起こされました。ちょんぱされなかったもののお腹にはでかい穴が開いてました(泣)

すぐに♂♀隔離して♀の状態を確認しましたが、液体がたらたらでてました(泣)
今度はハンドペアリング用のケースに負傷した♀♂を入れて監視したのですが…

この♂は♀を見るなり全力で攻撃することしか考えてないみたい、一時間30分粘ったのだが、交尾するそぶりはゼロ!ピンセットを駆使してオスの攻撃ばかりふせいでた俺が疲れましたわ… もう夜中の2時すぎてるし…

過去にペアリング事故は一回あったのですが、その時は♂が大型でした。
今回の♂は撮影のときはおとなしく撮ってもらって、サイズもそこまでは大きくなかったので問題ないだろうと思ってました。

ショックはとてつもなくでかいです…あの寒い中、交通費をかけてクワタに行って購入したオオクワを、ペアリング一日目にして♀に重傷を負わせるとはね… あ~あなんか馬鹿みたい

羽化ラッシュ!

ついにオオクワの♂の羽化ラッシュが始まりましたよ!
DSCN1519.jpg
DSCN1523.jpg
DSCN1526.jpg
DSCN1484.jpg
今のとこ固まって80mm行きそうなのがいないです(+o+)
まだまだこれからです!!

コクワ掘り出した

家のさくらんぼも徐々に色づいてきました(^_^.)
今年もホワイトリガーでさくらんぼ酒作ろうかな。
DSCN1455.jpg



さて、本日は羽化しているであろうコクワ達を掘り出しましたー。
サイズは47~49mmくらいです。
DSCN1461.jpg
手前の大顎が太めの♂はオオの使用済み菌糸、他はマットで飼育しました。
野外で見ればなかなかのサイズですがブリード個体としてはいまいちですね(+o+)
コクワはVIP待遇した2匹がまさかのオオクワだったんでショックがでかかったです…

オオクワの♂もようやく羽化間近まできました!DSCN1470.jpg
オオ♂の羽化ラッシュはGW明けになりそうですね。

近況続き

お次はニジイロです。
白眼ニジですが11月上旬に割り出した2匹が一匹蛹化しました。
体重は低すぎて公表できません(+o+) おそらく2匹とも♂です。

あと2月上旬に割り出した7匹、2匹をマット 5匹を菌糸で育てたのですが…DSCN1378.jpg成長が思わしくないです
投入からちょうど3か月ですが5匹ともあまり変わってない気がしますね。
また青かびが発生してるっていうね。

こちらがマット飼育の幼虫です。ダニと線虫が発生して大暴れしてますが、菌糸組よりは成長がいいです。
DSCN1381.jpg


菌糸ですがもう勘弁してくれよって感じですね。
カビが発生する原因は単純に菌が弱いからだと思われます。

蓋をあけてみると以前オオ用の菌糸瓶にみたような状態に…
DSCN1379.jpg
菌糸に勢いがないですね~ 弱弱しいです。
百均のよわよわスプーンも簡単に掘れるくらいに柔らかいですね。


あっ、メーカは北海道のサービスが良いとこの菌糸(オオヒラタケ)です。
価格も安くオオクワでは2本目までは非常に状態、食いも育ちも良く気に入ってたのですが…
今度Fe3+を添加して使ってみましょうかね~。

ラストに最近撮影した愛猫のみみの写真でも載せときます

DSCN1398_20130502204428.jpg

DSCN1202.jpg

DSCN1199.jpg

DSCN1208.jpg

DSCN1210.jpg

かわいすぎてやばい 画像数がクワガタより猫の方が多いかも…
 

近況

飼育状況を把握するために、ばばっと書いときます。
オオクワですが♂のほとんどは前蛹、蛹になり、例の大暴れ幼虫達もようやく蛹室を作り始めました。
最大体重31gの幼虫はこんな状態です(+o+)
ボトルの上部に蛹室作る幼虫って小さく羽化するイメージがあるのだがどうだろう…DSCN1371.jpg
こいつは最終瓶→捨て瓶→バンブーマット→きのこマット→川口マット→ようやく蛹室形成
こんな感じの幼虫が数本あります。
♂は最終瓶で暴れたのが約8割いたので正直絶望的な感じです(+o+)
あとは蛹化不全の幼虫も出てきました。
こいつは最終瓶で暴れて川口マットに投入してすぐ蛹室を形成して蛹になったのですがこんな感じに…
DSCN1358.jpg

あと蛹の方にもあかんやつがいました。
左の翅廻りがおかしい… 過去の経験上ほぼ確実に不全するパターンの蛹です。足のクロスよりたちの悪い状態ですね~~(+o+)DSCN1348.jpg

わかってればショックは少ないさ…

♀の方は一足早く羽化ラッシュに突入してます。
今年初羽化の♀(5番ライン) マイギネスです!!!チビの方ですが…
DSCN1363.jpg
餌はバンブーインセクトのクワガタマットです。
菌糸に入れなかった幼虫はすべてこのマットで育てたのですが、まったく成長しなかったですね。
途中からきのこマットに変えてみたもののあまり変わりなかったです(+o+)

比較に標準サイズの♀46mmとツーショットしました。
DSCN1367.jpg
完全にコクワサイズです(笑)





長くなりそうなのでここまでにしときますー。
あと久留米の♀単品が欲しい…