クワガタ飼育、ときどき猫

   国産オオ、ホペイを中心にブリードしてます
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月

ニジイロ蛹化不全ラッシュ どんどん増えていきます 
特に62.0ノーマル×39.0ミリグリーンのラインがずば抜けて悪い
このラインは36頭飼育してます


他のラインも不全するやつがちらほら出てきてます
なぜニジイロだけこんなにもうまくいかないのか…

♂も駄目っぽいです こいつは22.5gあった幼虫 
ほとんどがこの状態で死亡ですね 
140501_073026.jpg

あのクソ五月蠅い騒音地獄はなんだったんだ… 

簡易テラリウムの作り方

先ず、傷つきやすいからプラケはNG
大きさは30㎝以下の水槽がいいかも 
適当にマット敷いて、デコレバーグ、付属の水草、無加水のホダ木おいておわり
DSCN4824.jpg

手入れも楽で、場所も取らんしオススメ あと2台くらい欲しいかも…
過去にはでかい水槽で凝ったのを作ったことがありましたが、置き場に困りましたね(+o+)

久々に猫

ネコは今の季節が一番過ごしやすそうです
DSCN4817.jpg

狩猟モード時の目つきが鋭い! 
ネコって運動能力もだけど集中力がすさまじいですよねDSCN4818.jpg

(;_:)

ニジイロの蛹化不全がひどすぎる… 偶然なのか同じ種親です
他のラインは順調そうです
140425_125336.jpg

これで4頭目かな、これでも生きてるんだぜ?

放置してもダニが増えて他の虫にも影響しかねないので処分します

ほんと心が痛みます… 

近況

暴れはだいぶ収まってきた感じです
菌糸からマットに移した幼虫の方がスムーズに蛹室作ってます

放置組は蛹室作成するのが明らかに遅いです… あと蛹室も狭い感じがしますね
♀は一足先にほとんどの幼虫をマットに移してしまったので、ほぼ前蛹状態、蛹化してるのもちらほらいます
マット組はきのこ生えないし管理が楽でいいですね 急な寒暖差が襲ってもへっちゃらですわ

コクワの方もほとんどが前蛹状態です
この調子だと、6月には羽化すると思うので、今期のブリードには間に合いそうですね
できれば♂50ミリ ♀30ミリ以上を羽化させたい
まずは50ミリその次はギネスを目指して飼育していきたいですね!!(コクワは個人的に悔しいことがあったので…)

ニジイロ

ブリードしたくないと言いながら、ちゃっかりセット組んでたんだけどね
セット期間は4/1~4/20 小ケース、アンテマットのみ
20日たっても、卵が確認できなかったため急遽割り出しました






レッド×パープル 0個 

レッド×レッド(ブラック×グリーン) 0個

レッド×濃いノーマル(ブラックレッド血統)31個(内2プチ)底からは確認できなかったです
140420_121143.jpg
♀のカラーですが、上翅の縁が黒い?全体的に暗い色の♀です
良くぞ短期間で産んでくれました!
DSCN3280.jpg


それにしてもニジの産卵は良くわからないです、波がありすぎですわ
パープルの♀頑張ってくれよぉ!! 高価だったんだから!!!

あ、あと今いび森さんでクワガタの新マットのモニターを募集中ですよ~(やろうか迷ってます)
訳ありペレットもかなりお得です!!(こちらは昨日届きました)
今の時期、特に♀の管理には重宝しますね

記録用

中原DNA組み合わせ 記録用
DSCN4758.jpg

DSCN4756.jpg

DSCN4755.jpg

これは予備の♂
DSCN4759.jpg
顎ズレがあります
DSCN4710.jpg


2014年種親

一度ブリードしてみたかった憧れのオオが届きました!
美コンで有名な中原DNA血統です(本家から購入したのではないです)


早速使用予定の♂達を紹介します! 

76.0(81×50)上翅に水泡がありますが、ボディバランスは最高です!
DSCN4707.jpg

DSCN4708.jpg

77.0(81×50) 上記の個体とほぼ同じ形をしています
DSCN4703.jpg

DSCN4706.jpg

79.0(81×51)
DSCN4735.jpg

DSCN4716.jpg

この血統は頭幅、胸部、上翅のバランスが良すぎです
大顎のラインも美しい、体表面も綺麗… オオでもここまで差が出るのかと
正直画像ではわかりにくいです、実際に見てみないと伝わらないです

♀は4頭いますので79ミリは2♀と交配させて後はいちいちでいきましょう
49.0(81×50)
50.0(81×51)
48.0(81×51)
49.0(81×50)

購入時情報
種親♂81mm、♀50mmは2011年にご本家から直接購入した個体、♀51mmは2009年にご本家から購入した個体を累代飼育した個体

びーくわ51号

届いたので読み始めたのですが… ちょっと見ていただきたい記事があるので紹介

コクワとスジクワの見分け方

こんな感じだよね~ わかるわかる
140414_172348.jpg

コクワとスジクワの見分けか…た?
140414_172419.jpg

あとね、今回の小島氏の記事は直球ですわ 
もうこのお方が交雑を証明していけばいいのではないかな

ブリーダー泣かせの時期だけど、猫にとっては一番よい季節ですにゃ
DSCN4612.jpg

見慣れない猫が庭でひなたぼっこしてます みみは警戒中w
DSCN4674.jpg

野良猫かな?みみと比べるとめちゃ痩せてますね
こっち見ても香箱座りしてるので人には慣れてそうです
DSCN4673.jpg

きついな

オオ♂の暴れも本格化してきましたね

今までおりこうだった能勢、ホペイもついに暴れが本格化してきました(ホペイは30g越えの幼虫が大暴れ中(-_-)

今年の暴れはやっかいで、糞で固めた蛹室を作ってはぶち壊し、又作ってはぶち壊し…を繰り返す幼虫が多いようです

交換はもうやりません、完全放置で行きたいと思います(気分しだいですが) 

菌糸がドロドロに劣化したり、皮膜ぶち破って、蓋付近で前蛹になったりしたら不全リスクが高まるので、その時は人口蛹室の出番ですね

ニジイロ達もガラス瓶に移し替えてからだいぶ音がましになりました^^

それでも他のクワより数段にうるさいですが…

♀はちらほら蛹室作ってるのがでてきましたよ

♂はそろそろ暴れ祭りが来そうだねー 

一部粉ダニが寄生した幼虫が居るのですが、もう手の付けようがないくらい暴れてます

ニジの幼虫は粉ダニつくと確実に暴れ、最悪縮んで死亡します

2令くらいだと全滅に追い込まれますかね… オクで落としたBG系の幼虫が証明してくれました

粉ダニは駄目だよ 他所から幼虫買う時とかは要注意(幼虫意)ですね なんつって


今度は川西の幼虫達が大暴れしております

でかい幼虫は早急にマットに移しましたが、まったくおさまりません

それもそのはず温室内の温度が朝方は18度前後 昼間は25度前後まで上がってます

西日が強すぎるんだよ(-_-) 日は2重カーテンでほぼ遮断しているのだけど、ダメですわ

夜から朝方にかけて気温が下がり過ぎ、パネルヒータでは力不足です(+o+)

あとですが、乾燥しすぎですね

マットに移した幼虫も暴れられるとパラパラになっちゃいます 

結局は飼育環境だよな… 

すっきりしたので、この話題はもうおしまいにします

お騒がせして申し訳ありませんでした
140405_160115.jpg

これもうわかんねぇな

生物学的に、外骨格生物がWDギネスを1センチ以上上回る事は起こり得ない

だそうです じゃあ87ミリを超える国産オオ達みんな交雑ってことでおkですかぁ?

疑うことは個人の自由だと思うが決めつけるのは良くないよな 

自分が飼育したい虫を飼育できればいいんじゃないかなーと思うのですが

○○飼育すればだれだって○○できるという、そんなことほざくやつが多いのでうんざり

失礼だと思います


むしゃくしゃしてかいた 反省はしない



連続更新

オオの♀の暴れですが♀はほぼ全滅 いくつかは放置 とっとと蛹室作りやがれ

オオ♂は久留米がボロボロ ほとんど暴れてちゃってます( ᕦ 。 ᕤ)

やっぱダメ 飼育環境が駄目なのかね 安定しないのよ

今の時期、温室外は朝が10度前後 昼過ぎには20度前後になります

2階で西日がガンガン当たるところなので、寒暖差は激しいですねー

雨戸があれば少しはましなのかなー

楽しんで飼育するのってホント難しいよね

エナメルリーバーで〆たニジイロも良い感じに乾燥してきました
若干ですが赤みが抜けてグリーンが強くなった気がします。
DSCN4599_201404031615384f7.jpg

いったん落ち着きますわ


なんだかなーうまくいかない

菌糸の持ちが悪いです

ガラス瓶の方も暴れる幼虫が出始めてきました

マットに移そうか迷いますね(-_-)

6g以上の幼虫はほぼ暴れてしまってますね

とっとと蛹室作ってほしいのだが…なーんか暴れちまう

温度帯は23~25度くらい


♀が一頭☆になってしまった(+o+)

WDは羽化日がわからないから危険ですわ、メタリ♀って寿命が短いとも聞きますし…

なんとかもう一頭が産卵に成功していることを祈ります